ホームへ
2015.09.23 18:55|シロと仲間たち
2015-0923-4477.jpg
今朝の僕・・・・

2015-0923-4478.jpg
今日は、久しぶりの30℃・・・暑かったよ・・・

2015-0923-4486.jpg
チャチャ・・・夕方の散歩・・・

2015-0923-4487.jpg


2015-0923-4490.jpg


2015-0923-4495.jpg


2015-0923-4427.jpg
今朝のカモ・・・・

2015-0923-4435.jpg


2015-0923-4503.jpg
夕闇に月が・・・荒神橋付近から丸太町橋方向・・・

スポンサーサイト
2015.09.22 12:01|シロと仲間たち
2015-0922-4402.jpg
今朝の僕・・・・

2015-0922-4387.jpg


2015-0922-4397.jpg


2015-0922-4392.jpg


2015-0922-4381.jpg


2015-0922-4353.jpg
今朝のチャチャ・・・・

2015-0922-4346.jpg


2015-0922-4340.jpg


2015-0922-4297.jpg
今朝の鴨川・・・・景色があざやかに見える秋・・・

2015-0922-4321.jpg
お彼岸に咲く曼珠沙華・・・

2015-0922-4331.jpg


2015.09.03 15:38|シロと仲間たち
2015-0903-0679.jpg
メジロがベランダにやって来た・・・・

2015-0903-0669.jpg


2015-0903-0700.jpg
今朝の僕・・・・

2015-0903-0664.jpg
お天気、イマイチ・・・で、うたた寝・・・

2015-0903-0663.jpg
おいしいものの夢・・・見てるかな・・・・

2015-0903-0712.jpg
夕方のチャチャ・・・・

2015-0903-0711.jpg
草むらで休憩中のチャチャを呼んだら出てきた・・・・

2015.09.02 11:42|シロと仲間たち
2015-0902-0640.jpg
今朝の僕・・・・やっと晴れ間が・・・・さっそく、ひなたぼっこ・・・

2015-0902-0644.jpg


2015-0902-0651.jpg
夕方のチャチャ・・・

2015-0902-0652.jpg
朝夕、ようやく涼しくなって元気そう・・・

2015-0902-0653.jpg


2015-0902-0659.jpg


2015-0902-N7327.jpg
荒神橋から見た鴨川・・・

2015-0902-N7333.jpg
荒神橋東詰めから・・・

2015-0902-N7343.jpg
川端一条付近・・・

2015-0902-N7349.jpg
ほぼ完成した四条通りの歩道拡幅工事・・・・車道は片側1車線に・・・・観光シーズンの通行規制が必要

2015.09.01 18:37|シロと仲間たち
2015-0901-0512.jpg
夕方、はげしい雷雨・・・雨あがりのチャチャ・・・・少し頭の毛が濡れちゃったけれど大丈夫・・・

2015-0901-0511.jpg
「チビの後足」は打撲で、骨折ではなかった・・・・おねえさんたちが病院に連れていってくれた・・・

2015-0901-0508.jpg
Kさんちで1泊させてもらい、今、Mさんちでお世話になっている・・・・

2015-0901-0504.jpg
病院で痛み止めの注射をしてもらったんで、今は元気・・・

2015-0901-0503.jpg
骨折じゃなくて、よかったね!

2015-0901-0538.jpg
おじさんと散歩・・・

2015-0901-0566.jpg
雨の後なので人がまばら・・・

2015-0901-0577.jpg
鴨川は増水・・・・

2015-0901-0580.jpg


2015-0901-0605.jpg
パラパラと雨が降ってきたので、お地蔵さんで雨宿り・・・・

2015-0901-0454.jpg
今日の僕・・・・窓から外を見る・・・カミナリすごかったよ・・・

2015-0901-0456.jpg
朝からずっと雨・・・

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
tetugaku-2017-0331.jpg
最新の猫本
******* map1400.jpg三千院案内図
2017-0507-7445.jpg2017.5.7 哲学の猫シロ・光雲寺
2017-0506-7259.jpg2017.5.6 哲学の猫シロ・バンザイ
2017-0412-0697.jpg2017.4.12 哲学の道のシロとお花見
2017-0410-0248.jpg2017.4.10 シロのお花見
rojineko-0823.jpg 2016.8.23 路地猫VIDEO
*
shiro1700.jpg 2016.5.12 シロ入浴VIDEO
*
roji2050.jpg 2016.1.22 路地の猫
*
2015-0703s.jpg 2015.7.3 チビとチャチャの散歩
*

s3-2014-0918--shiro4662.jpg 2014.09.18 シロ
*
プロフィール

balcanico

Author:balcanico
僕の名前は「シロ」・・・野良猫経験10数年の僕・・・・2011年の夏頃から毎日おじさんと遊ぶようになった。2013年10月にケガをして、おじさんに病院に連れて行ってもらったのがきっかけで、おじさんの家に同居。好きなこと・・お風呂で泳ぐのとベランダから鴨川の風景をながめること。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


s3-2114.jpg 2013.9.6
0804-8883.jpg 2013.8.4
s3-20130720-6899.jpg 2013.7.20
s3-20130717-5172.jpg 2013.7.17
s3-20130504-6330.jpg 2013.5.4
veneziabotan.jpg sanmarukohirobanoyuyake.jpg botan-dobrovnik.jpg dubrovniknoneko.jpg budvanoneko.jpg kotornoneko.jpg korculanoneko.jpg botan-balkan.jpg murano-caffe.jpg murano-caffe.jpg kuroachiago-n.jpg itariago.jpg furansugo.jpg arabiago.jpg kukou-n.jpg
Croatia Hvar Video 1 hvar-02s.jpg
Croatia Hvar Video 2 havar-03s.jpg
Croatia Rovinj Video rovinj.jpg
ooi-higai-map.jpg 画像をクリックすると拡大
大飯町空間放射線量
-------------- 福井大震災・・・昭和23年6月28日発生(1948年)福井は壊滅状態になった --------------
ooigenpatsu.jpg siyouzumikakunenryo.gif画像をクリックすると拡大
原発敷地内に保管されている使用済核燃料・・大飯原発は1400トン・・・最終の捨場が決まっていない・・・・
地震などで電源が切れると冷却装置が止まって核爆発を起こす危険なもの・・・・・
大飯原発の原子炉は、加圧水型軽水炉と呼ばれるタイプ。沸騰水型軽水炉の福島原発と違い、内部にたまった蒸気を排出するベント装置がなく、事故で圧力が高まれば、爆発する危険性が指摘されている。 「沸騰水型は格納容器内に窒素を封入して水素爆発を抑えています。しかし、加圧水型は格納容器が大きく、爆発の危険が少ない――として窒素が封入されていません。このため、(事故で冷却機能が失われて)水素が発生すれば、空気と反応して爆発し、格納容器は修復できないほど壊れる可能性があるのです」(東大名誉教授の井野博満氏)
爆発したら福井県民は全員被爆する。近県の滋賀県、京都府なども無事ではない。それよりも琵琶湖が放射能で汚染され、 事実上、関西全域は居住不可能になる。
fukushima-tepco-20130823.jpg お手上げ状態の福島原発 増え続ける放射能汚染水 一企業、一国家の手に負えない事態、国際機関に救済を。・・ このままではいずれ東日本を放棄することに・・・
http://rt.com/news/fukushima-international-iaea-leak-866/
*********************************** <原発事故が発生したら、すぐ避難・・・原発から80Km以上離れましょう・・・・> <大手メディアは情報を隠蔽するので海外メディアや外国大使館の情報を確認しましょう!> <近所から外国人がいなくなったら最悪の事態が起こっている・・・・・3.11の経験> ***********************************
ヨーロッパで使われているFirfox
本当に危なかった 3月15日
原発もはや制御不能 3月15日
3月11日までは、私も考えていなかった・・・吉田調書
映画A2-B-C 福島被爆の現状
2015年東京の放射能
【福島第1原発事故 5年目の真実】
「日本政府はこれだけしかできないのか」…米国務省調整官はこう不安を抱いた 80キロ退避勧告経緯
 NRCが「80キロ退避勧告」に転じたのは3月16日朝。福島原発4号機の使用済み核燃料プールが崩壊したとの情報が入った直後で、2号機の原子炉で放射線を閉じ込める能力が失われた可能性もあった。  ヤツコ氏はこれに加え、最悪のシナリオのシミュレーションや原発から北西に40〜48キロの地域で高い放射線量が測定されたことを「80キロ退避」を決断した理由に挙げた。  4号機のプール崩壊の情報は後に間違いだったことが判明。しかし、「それはひとつの要素で決定的なものではなかった」とし、退避勧告の規模を修正する必要はなかったとした。「80キロ退避」が日本政府の信頼を損ねたと批判されることについては、「日本政府への信頼は原発事故が起きたその日のうちに失われていた」と語気を強めて反論。事故を防げなかった日本政府や東京電力の対応の甘さを厳しく批判した。  
【用語解説】
50マイル退避勧告 福島第1原発事故の発生から5日後の米東部時間2011(平成23)年3月16日、米国が日本在住の米国人を対象に発出した原発の半径50マイル(約80キロ)圏内からの退避勧告。当時、日本政府は原発から半径20キロ圏内の退避を勧告しており、日米の格差が議論を呼んだ。